正しい勉強法で合格へ|難易度の高い公認会計士を目指す

不動産

資格試験対策

男性

予備校講座を利用しよう

公認会計士の資格試験は難関と評価される試験です。そのために独学で勉強をしていると勉強方法がわからずに長期間の受験生活を送る危険が伴います。したがって短期に合格するためには資格予備校を利用することが合理的であるといえます。予備校には長年の指導実績により、公認会計士の試験の指導について高い専門性があります。また講師も洗練された指導のプロが多いために、短期合格に必要なノウハウがあるケースが多いです。また予備校が使用するテキストについても、合格のために合理的な記載がなされているものが多いです。また勉強の途中で講師に質問を出来る事が一般的であるために、疑問点をその場で解決することができます。したがって早期合格のためには予備校を利用することが合理的です。

通信教育で注意する点とは

公認会計士の試験対策として予備校を利用する場合については、通学と通信教育を選択する必要があります。この場合、通信教育を選択した場合については自分のペースで勉強ができるというメリットがあります。これは仕事で忙しい方々にとって大きなメリットとなります。また通信教育の教材は何度も繰り返して聴講することが可能であるために、復習を何度でも出来るというメリットがあります。もっとも通信教育を選択する場合は注意点がいくつかあります。まず1つ目として挙げられることは、通信教育は基本的に1人で勉強することになるために勉強仲間が出来にくいという点があります。また疑問点があっても講師にリアルタイムで質問できないという注意点があります。自分をコントロールする力が必要なことは理解しておきましょう。逆に、一人で勉強するのが好きという方にとってはうってつけの方法と言えます。自分の好きな環境で学ぶことができるので、集中しやすい学習法とも言えるでしょう。